研究テーマ

ここは私(岡元太郎)の研究を紹介するサイトです。English Page

主に地震波シミュレーションを用いて、多くの方と共同で下記のようなテーマの研究を進めています。並列計算プログラムの性能を上げようとして試行錯誤を繰り返し、逆問題解析の解を見て考え込み、膨大なデータの可視化に苦闘したりする毎日です。バグとの戦いも前世紀から続いています。

Tohoku-Oki-Simulation-90s.jpg
  • ハイパフォーマンス地震波計算の手法開発
  • 地震波形データを用いた逆問題解析による破壊過程の推定
  • 南西諸島での強震動のシミュレーション
  • 海溝近くの「超ゆっくり地震」の解析
  • 亀裂を含む媒質での弾性波(地震波)散乱のシミュレーション
  • 南カリフォルニアでの短周期地震波の散乱シミュレーションとデータとの比較
  • 月の地震による地震波散乱シミュレーション(将来の月惑星地震観測のための研究)

トピックス

FDTD_UnitCell.jpg

下記のテーマをクリックしてください。

主要な研究発表と論文

2015

論文・報告等

  • Takeshi Nakamura, Hiroshi Takenaka, Taro Okamoto, Michihiro Ohori and Seiji Tsuboi, Long-period ocean-bottom motions in the source areas of large subduction earthquakes, Scientific Reports 5, Article number: 16648 (2015) doi:10.1038/srep16648. [論文PDF]

学会・研究会発表

  • Hiroshi Takenaka, Masanao Komatsu, Genti Toyokuni, Takeshi Nakamura, Taro Okamoto, Quasi-Cartesian Finite-Difference Computation of Seismic Wave Propagation for a Three-Dimensional Sub-global Earth Model, American Geophysical Union Fall Meeting, Moscone Center, San Francisco, California, USA, 2015年12月14-18日.
  • Takeshi Nakamura, Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Complex Seismic Wavefield of Long-Period Components around the Nankai Trough in Southwest Japan and its Effect on Source Mechanism Analyses, American Geophysical Union Fall Meeting, Moscone Center, San Francisco, California, USA, 2015年12月14-18日.
  • 岡元太郎・竹中博士・原辰彦・中村武史・青木尊之、2011年東北地方太平洋沖地震の不均質構造モデルを用いた破壊過程解析(5):相互相関係数による考察、日本地震学会秋季大会、S08-P05、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2015年10月27日.[ポスター発表(岡元)]
  • 谷中貴一・河原純・椎名高裕・岡元太郎、2次元差分格子における傾斜した亀裂のモデル化:P-SV波散乱の場合、日本地震学会秋季大会、S01-P09、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2015年10月27日.[ポスター発表(谷中)]
  • 中村武史・岡元太郎・竹中博士、南海トラフ域における長周期地震動成分の伝播特性と震源メカニズム解析に与える影響の評価、日本地震学会秋季大会、S06-03、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2015年10月27日.[口頭発表(中村)]
  • 谷中貴一・河原純・椎名高裕・岡元太郎、2次元差分格子に対して斜交する亀裂のモデル化、平成27年度東京大学地震研究所 共同利用研究集会「弾性体・流体の波動現象:次世代海陸統合観測網の活用に向けて」特定共同研究B「地震波形解剖学の計算科学的新展開」、2015年9月14日.[ポスター発表(谷中)]
  • 中村武史・竹中博士・岡元太郎・金田義行、紀伊半島周辺における陸上及び海底地すべりによる波動伝播シミュレーション、日本地球惑星科学連合2015年大会、HDS26-02、幕張メッセ国際会議場(千葉県幕張市)、2015年5月26日.[口頭発表(竹中)][アブストラクト]
  • 竹中博士・豊国源知・中村武史・小松正直・岡元太郎、長大距離地震波動伝播シミュレーションのための地球の曲率を考慮した計算スキーム、日本地球惑星科学連合2015年大会、SSS26-06、幕張メッセ国際会議場(千葉県幕張市)、2015年5月26日.[口頭発表(竹中)][アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・原辰彦・中村武史・青木尊之、大規模シミュレーションによる沈み込み帯地震からの短周期表面波の再現性検討、日本地球惑星科学連合2015年大会、SSS25-P02、幕張メッセ国際会議場(千葉県幕張市)、2015年5月25日.[ポスター発表][アブストラクト]
  • 中村武史・竹中博士・岡元太郎・大堀道広・坪井誠司、南海トラフにおけるやや長周期地震動の観測とシミュレーションによる再現、日本地球惑星科学連合2015年大会、SSS25-18、幕張メッセ国際会議場(千葉県幕張市)、2015年5月25日.[口頭発表(中村)][アブストラクト]

2014

論文・報告等

  • Toshiro Tanimoto and Taro Okamoto, 2014. The Millikan shaking experiments and high-frequency seismic wave propagation in Southern California, Geophysical Journal International, 198, 1081-1095, doi:10.1093/gji/ggu189. [アブストラクト]
  • Takeshi Nakamura, Masaru Nakano, Naoki Hayashimoto, Narumi Takahashi, Hiroshi Takenaka, Taro Okamoto, Eiichiro Araki, and Yoshiyuki Kaneda, 2014. Anomalously large seismic amplifications in the seafloor area off the Kii peninsula, Marine Geophysical Research, doi: 10.1007/s11001-014-9211-2.[論文PDF]

学会・研究会発表

  • Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Tatsuhiko Hara, Takeshi Nakamura, and Takayuki Aoki, Seismically Inferred Rupture Process of the 2011 Tohoku-Oki Earthquake by Using Data-Validated 3D and 2.5D Green's Tensor Waveforms, S33B-4514, American Geophysical Union Fall Meeting, Moscone Center (Moscone South), San Francisco, California, USA, 2014年12月17日. [ポスター発表] [アブストラクト]
  • Hiroshi Takenaka, Takuya Ueda, Takumi Murakoshi, and Taro Okamoto, Imaging and 2.5D Modeling of Receiver Functions from Deep Virtual Receivers in Kyushu Island, Japan, S23C-4542, American Geophysical Union Fall Meeting, Moscone Center (Moscone South), San Francisco, California, USA, 2014年12月16日. [ポスター発表(竹中)] [アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・原辰彦・中村武史・青木尊之、地震波から推定される2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程:不均質構造モデルにもとづくグリーン関数を用いたインバージョン、第14回日本地震工学シンポジウム、OS1-Sat-AM-5、幕張メッセ(千葉県千葉市)、2014年12月6日.[口頭発表]
  • 岡元太郎・竹中博士・原辰彦・中村武史・青木尊之、不均質構造モデルによる地震波グリーン関数波形を用いた2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程(4)、日本地震学会2014年秋季大会、A31-01、朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(新潟市)、2014年11月26日.[口頭発表]
  • 椎名高裕・河原純・岡元太郎、粘性流体含有亀裂によるSH波散乱への差分法の適用、日本地震学会秋季大会、S01-P02、朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(新潟市)、2014年11月25日.[ポスター発表(椎名)]
  • Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Tatsuhiko Hara, Takeshi Nakamura, and Takayuki Aoki, Rupture Process of The 2011 Tohoku-Oki Earthquake Inferred by an Inversion Using 3D Strong-Motion and 2.5D Teleseismic Green's Tensor Waveforms, AOGS 11th Annual Meeting, SE30-D1-AM1-CA-001 (SE30-A016), Royton Sapporo Hotel, Sapporo, Japan, 28 Jul. 2014.[口頭発表] fileAOGS2014_Okamoto_TohokuOki_abstract.pdf
  • Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Takeshi Nakamura and Takayuki Aoki, Large-Scale Multi-GPU Simulation of Seismic-Wave Propagation for The Shallow Subduction-Zone Earthquakes, AOGS 11th Annual Meeting, SE36-D2-PM1-CA-003 (SE36-A019), Royton Sapporo Hotel, Sapporo, Japan, 29 Jul. 2014.[口頭発表]fileAOGS2014_Okamoto_GPU_abstract.pdf
  • Takuya Ueda, Takumi Murakoshi, Taro Okamoto, and Hiroshi Takenaka, Seismic Structure beneath Kyushu Island, Japan, Inferred from S-wavevector Receiver Functions, AOGS 11th Annual Meeting, SE31-D5-PM2-P-033 (SE31-A035), Royton Sapporo Hotel, Sapporo, Japan, 1 Aug. 2014.[ポスター発表(村越)]fileAOGS2014_Ueda_Kyushu_abstract.pdf
  • Akira Fujioka, Hiroshi Takenaka, Nobuyuki Yamada, Takeshi Nakamura, Taro Okamoto, Hiroyuki Fujiwara, Three-dimensional Structure Model for Strong-motion Simulation around the Ryukyu Arc, AOGS 11th Annual Meeting, SE24-D5-PM2-P-013 (SE24-A014), Royton Sapporo Hotel, Sapporo, Japan, 1 Aug. 2014.[ポスター発表(竹中)]fileAOGS2014_Fujioka_Nansei_abstract.pdf
  • 豊国源知・竹中博士・岡元太郎・趙大鵬、地形を考慮した準円筒座標系地震波伝播モデリング、日本地球惑星科学連合2014年大会、SSS24-02、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2014年5月1日.[口頭発表(豊国)][アブストラクト]
  • 藤岡 慧・竹中博士・山田伸之・中村武史・岡元太郎・藤原広行、南西諸島における強震動シミュレーションのための3次元地下構造モデル、日本地球惑星科学連合2014年大会、SSS23-08、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2014年5月1日.[口頭発表(竹中)][アブストラクト]
  • 上田拓哉・竹中博士・村越 匠・岡元太郎、S-wavevector receiver functionによる九州地域における地殻及び最上部マントルの地震学的構造の推定、日本地球惑星科学連合2014年大会、SSS26-P04、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2014年4月30日.[ポスター発表(竹中)][アブストラクト]
  • 白石浩章・山田竜平・石原吉明・小川和律・岡元太郎・竹内希・石原靖・村上英記・田中智・小林直樹・早川雅彦・早川基・新谷昌人・後藤健・水野貴秀・石井信明・津田雄一・羽生宏人・梯友哉・石村康生・徳留真一郎、小型宇宙科学衛星を使ったペネトレータ惑星内部構造観測システムの実証ミッション、日本地球惑星科学連合2014年大会、PPS26-11、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2014年4月30日.[口頭発表(白石)][アブストラクト]
  • 那須野 新・河原 純・椎名高裕・岡元太郎、2次元差分格子における傾斜した亀裂のモデル化、日本地球惑星科学連合2014年大会、SSS27-P06、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2014年4月29日.[ポスター発表(河原)][アブストラクト]
  • 谷本俊郎・岡元太郎、アクティブソースによる高周波地震波の伝搬の研究、日本地球惑星科学連合2014年大会、SSS27-14、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2014年4月29日.[口頭発表(谷本)][アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・原辰彦・中村武史・青木尊之、3次元強震動・2.5次元遠地理論波形により地震波波形データから推定される東北地方太平洋沖地震の破壊過程、日本地球惑星科学連合2014年大会、SSS30-03、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2014年4月28日.[口頭発表][アブストラクト]
  • Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Tatsuhiko Hara, Takeshi Nakamura and Takayuki Aoki, Large-scale multi-GPU simulation of seismic-wave propagation and its application to analysis of the 2011 great Tohoku-Oki earthquake, COMPSAFE 2014, 10D-1 (Extended Abstracts of COMPSAFE2014, pp. 678-681) 2014年4月16日(仙台市仙台国際センター).[口頭発表、Keynote Speech]

2013

論文・報告等

  • Yuji Suzuki, Takahiro Shiina, Jun Kawahara, Taro Okamoto and Kaoru Miyashita, 2013. Simulations of P-SV wave scattering due to cracks by the 2-D finite difference method, Earth Planets and Space, 65, No.12, 1425-1439.[論文PDF]
  • Takeshi Nakamura, Hiroshi Takenaka, Taro Okamoto, and Yoshiyuki Kaneda, 2013. Seismic wavefield in the deep seafloor area from a submarine landslide source, Pure and Applied Geophysics, doi:10.1007/s00024-013-0717-3.[論文PDF]
  • Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Takeshi Nakamura, and Takayuki Aoki, 2013. Accelerating Large-Scale Simulation of Seismic Wave Propagation by Multi-GPUs and Three-Dimensional Domain Decomposition, in GPU Solutions to Multi-scale Problems in Science and Engineering, D.A. Yuen et al. (eds.), Chapter 24, 375-389, doi:10.1007/978-3-642-16405-7_24, Springer-Verlag Berlin Heidelberg. [論文のサンプル(Look Insideボタン)] [書籍の目次]

学会・研究会発表

  • Toshiro Tanimoto and Taro Okamoto, 2013. High-Frequency Seismic Waves generated by Building-Shaking Experiments and Surface Wave Group Velocity Estimates from the Cross-Correlation of Data, Abstract S13B-06 presented at 2013 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 9-13 Dec.[アブストラクト]
  • Takenaka, T., Fujioka, A., Nakamura, T. and Okamoto, T., 2013. Finite-difference simulation of seismic wave propagation for explosion earthquakes at Sakurajima volcano, Japan, Abstract S51A-2307 presented at 2013 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 9-13 Dec..[アブストラクト]
  • Toyokuni, G., Takenaka, H., Okamoto, T., and Zhao, D., 2013. Quasi-cylindrical 2.5-D wave modeling with a moment-tensor point source and the anelastic attenuation, Abstract S53C-03 presented at 2013 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 9-13 Dec.[アブストラクト]
  • Nakamura, T., Kaneda, Y., Takenaka, H., and Okamoto, T., 2013. Seismic wave simulation at DONET ocean-bottom stations. Proceedings of the 11th SEGJ International Symposium, Yokohama, Japan, 18-21 November 2013: pp. 485-488. doi: 10.1190/segj112013-122, 2013.(2013年11月18日[ポスター発表P27])[アブストラクト]
  • Tanimoto, T. and Okamoto, T., 2013. Understanding high-frequency seismic waves generated by building shaking, Wave propagation through the Earth's interior, Wuhan, China. 2013年5月18日―21日[口頭発表(Tanimoto)]
  • Tanimoto, T. and Okamoto, T., 2013. High-Frequency Monochromatic Oscillations in the Los Angeles Basin and Numerical Simulation., Seismological Society of America Annual Meeting, Salt Lake City, Utah, USA. 2013年4月18日[口頭発表(Tanimoto)]
  • 岡元太郎、2013. 大規模並列GPU計算による地震波伝播シミュレーション、日本計算工学会第6回S&V(Simulation & Visualization)研究会、中央大学後楽園キャンパス(東京都文京区)、2013年11月26日.[口頭発表]
  • 豊国源知・竹中博士・岡元太郎・趙 大鵬、2013. 準円筒座標系2.5次元波動モデリング(3)-非弾性減衰-、日本地震学会2013年秋季大会、C32-01、神奈川県民ホール・産業貿易センター(神奈川県横浜市)、2013年10月9日.[口頭発表]
  • 岡元太郎・竹中博士・原辰彦・中村武史・青木尊之、2013. 3次元グリーンテンソル波形による2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程(2)、日本地震学会2013年秋季大会、P1-62、神奈川県民ホール・産業貿易センター(神奈川県横浜市)、2013年10月7日.[ポスター発表]
  • 岡元太郎・竹中博士・青木尊之, 2013. 地震学における大規模・高性能GPU計算、日本地球惑星科学連合2013年大会、STT59-03、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)、2013年5月20日.[口頭発表])][アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・原辰彦・中村武史・青木尊之、2013. 3次元グリーンテンソル波形によるインバージョンで推定した2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程、日本地球惑星科学連合2013年大会、SSS28-09、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)、2013年5月23日.[口頭発表])][アブストラクト]
  • 藏本稔大・藤岡慧・竹中博士・中村武史・岡元太郎、2013. 日向灘における巨大地震の地震動と津波の統合シミュレーションに向けて、日本地球惑星科学連合2013年大会、SSS35-17、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)、2013年5月23日.[口頭発表(藤岡)])][アブストラクト]
  • 村上英記・白石浩章・小林直樹・山田竜平・田中智・早川雅彦・早川基・竹内希・岡元太郎・久家慶子・石原靖・趙大鵬、2013. ペネトレータ・システム実証のための小型科学衛星ミッションの提案、日本地球惑星科学連合2013年大会、PPS22-P04、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)、2013年5月22日.[ポスター発表(村上)][アブストラクト]
  • 杉岡裕子・岡元太郎、紀伊半島沖のVLF地震研究から得られた津波地震とスロー地震の関連性、スロー地震合同研究集会:東京大学地震研究所 1号館3階セミナー室 2013年3月29日(金)[口頭発表(岡元):[関連論文アブストラクト]

2012

論文・報告等

  • Takeshi Nakamura, Hiroshi Takenaka, Taro Okamoto and Yoshiyuki Kaneda, 2012. FDM simulation of seismic-wave propagation for an aftershock of the 2009 Suruga Bay earthquake: effects of ocean-bottom topography and seawater layer, Bulletin of the Seismological Society of America. 102, 2420-2435, doi: 10.1785/0120110356. [論文アブストラクト]
  • Hiroko Sugioka, Taro Okamoto, Takeshi Nakamura, Yasushi Ishihara, Aki Ito, Koichiro Obana, Masataka Kinoshita, Kazuo Nakahigashi, Masanao Shinohara, and Yoshio Fukao, 2012.Tunamigenic potential of the shallow subduction plate boundary inferred from slow seismic slip, Nature Geoscience, 5, 414-418, doi: 10.1038/NGEO1466.[論文アブストラクト]
  • Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Takeshi Nakamura, and Takayuki Aoki, 2012. Large-scale simulation of seismic-wave propagation of the 2011 Tohoku-Oki M9 earthquake, Proceedings of the International Symposium on Engineering Lessons Learned from the 2011 Great East Japan Earthquake, 349-360.[論文PDF]
  • Hiroshi Takenaka and Taro Okamoto, 2012. 2.5-D time-domain finite-difference modeling of teleseismic body waves, in Seismic Waves, Research and Analysis, ed. Masaki Kanao, Intech, 326 pages, Chapter 14, 305-326. [論文PDF] [書籍の目次]

学会・研究会発表

  • Okamoto, T., H. Takenaka, T. Nakamura, and T. Aoki, 2012. GPU-accelerated parallel computing for simulation of seismic wave propagation, GPU Technology Conference, S0352, San Jose, USA, 2012年5月16日. [招待講演]
  • Okamoto, T., H. Takenaka, T. Hara, T. Nakamura, and T. Aoki, 2012. Large-scale simulation of seismic-wave propagation using GPU supercomputer for the study of shallow subduction zone earthquakes, APEC Cooperation for Earthquake Simulation (ACES) 8th International Workshop: Advances in Simulation of Multihazards, 9546, Maui, Hawaii, 2012年10月24日.[口頭発表]
  • Okamoto, T., H. Takenaka, T. Hara, T. Nakamura, and T. Aoki, 2012. Rupture Process of The 2011 Tohoku-Oki Earthquake by a Waveform Inversion Using Green's Functions Computed For Laterally Heterogeneous Structure Model, American Geophysical Union 2012 Fall Meeting, S43H-06, San Francisco, USA, 2012年12月6 日.[口頭発表][アブストラクト]
  • Okamoto, T., N. Kobayashi, H. Takenaka, K. Ogawa and SELENE-2 LBBS Science Team, 2012. Simulation of seismic-wave scattering by irregular structure of crater for future lunar seismic explorations, Scientific Preparations for Lunar Exploration (ESA/ESTEC), Noordwijk, The Netherlands, 6–7 February 2012.[ポスター発表(Ogawa)]
  • 岡元太郎・竹中博士・原 辰彦・中村武史・青木尊之, 2012. 2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程解析のための3次元近地グリーンテンソル波形計算,日本地震学会2012年秋季大会, A21-07, 函館市民会館・函館市民体育館(北海道函館市), 2012年10月18日.[口頭発表])]
  • 岡元太郎・竹中博士・中村武史・青木尊之, 2012. GPU計算による2011年東北地方太平洋沖地震の地震動大規模シミュレーション, 日本地球惑星科学連合2012年大会、SSS37-10、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2012年5月21日.[口頭発表])][アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・原 辰彦, 2012. 2.5次元差分法グリーン関数を用いた2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程解析, 日本地球惑星科学連合2012年大会、SSS39-13、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2012年5月25日.[口頭発表][アブストラクト]
  • 藤岡 慧・竹中博士・岡元太郎・村越 匠・大島光貴, 2012. 2005年福岡県西方沖地震の地震動記録の可視化, 日本地球惑星科学連合2012年大会、SSS26-P04、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2012年5月20日.[ポスター発表(藤岡)][アブストラクト]
  • 小林直樹・白石浩章・岡元太郎・竹内希・村上英記・久家慶子・趙 大鵬・小川和律・飯島祐一・鹿熊英昭・田中 智・山田竜平・川村太一・石原 靖・荒木英一郎・早川雅彦・白井慶・藤村彰夫・山田功夫・Philippe Lognonne・David Mimoun・Domenico Giardini・Antoine Mocquet・Ulrich Christensen・Peter Zweifel・Davor Mance・Jan ten Pierick・Raphael Garcia・Jeannine Gagnepain-Beyneix・Sebastien de Raucourt, 2012. SELENE-2 における月広帯域地震観測について, 日本地球惑星科学連合2012年大会、PPS25-P06、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2012年5月23日.[ポスター発表(小林)][アブストラクト]

2011

論文・報告等

  • 中村武史・竹中博士・岡元太郎・金田義行, 2011.流体–固体境界周辺における3次元地震波動場の差分解法に関する数値実験, 地震(第2輯), 63, 189–196. [論文PDF](English Abstract)
  • 岡元太郎、2011.マルチGPUによる地震波伝播の高速化, 玉川大学工学部紀要, 46, 52-61. file岡元2011.pdf

学会・研究会発表

  • Okamoto, T., H. Takenaka, T. Hara, T. Nakamura, and T. Aoki, Rupture Process and Waveform modeling of the 2011 Tohoku-Oki, magnitude-9 earthquake, American Geophysical Union 2011 Fall Meeting, Abstract U51B–0038, San Francisco, USA, 2011年12月9日.[ポスター発表][アブストラクト]
  • H. Takenaka, T. Kuramoto, Okamoto, T., T. Hara, T. Nakamura, and G. Toyokuni, Computation of Nearfield Tsunami as a Seismic Wave With a Finite-Difference Scheme for Gravitational Elastodynamic Equation, American Geophysical Union 2011 Fall Meeting, Abstract S51B-2216, San Francisco, California, USA, 5-9 Dec. 2011.[アブストラクト]
  • Murakami, H., Kobayashi, N., Tanaka, S., Shiraishi, H., Hayakawa, M., Yamada, R., Takeuchi, N., Okamoto, T., Ishihara, Y., Hayakawa, H., Murakami, H., A proposal of utilization of penetrators as a quick deployment system of instruments in an emergency, American Geophysical Union 2011 Fall Meeting, Abstract U53D-0081, San Francisco, California, USA, 5-9 Dec. 2011.[ポスター発表(Murakami)][アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・原辰彦・中村武史・青木尊之, 2011年東北地方太平洋沖地震の破壊過程と近地全波形シミュレーション, 地震学会2011年秋季大会, D32–08, 静岡県静岡市, 2011年10月12日.[口頭発表]
  • 岡元太郎・小林直樹・竹中博士・セレーネ2 月広帯域地震計チーム, 月表面地形・表層構造を 考慮した月の地震波伝播モデリング, 日本惑星科学会秋季講演会, S13–05P, 2011年10月23日.[ポスター発表][アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・中村武史・小林直樹・青木尊之, 2011. フルGPU計算による地震波伝播シミュレーション, NVIDIA GTC Workshop Japan 2011, 東京都, 2011年7月27日.[口頭発表]
  • 岡元太郎・中村武史・杉岡裕子・石原靖・伊藤亜妃・尾鼻浩一郎・小平秀一・末次大輔・木下正高・深尾良夫, 2011. 広帯域海底地震計で捉えた紀伊半島沖超低周波地震の2.5次元差分法によるモーメントテンソル解析(2), 日本地球惑星科学連合2011年大会, SCG058-P11, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2011年5月23日.[ポスター発表][アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・中村武史・青木尊之, 2011. 陸海地形モデルを用いた地震波伝播シミュレーションの並列GPUによる高速化, 日本地球惑星科学連合2011年大会, SSS023-07, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2011年5月23日.[口頭発表][アブストラクト]
  • 岡元太郎・原辰彦・竹中博士, 2011. 2.5次元差分法を用いた1994年三陸はるか沖地震の震源過程解析, 日本地球惑星科学連合2011年大会、SSS025-P08、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)、2011年5月27日.[ポスター発表][アブストラクト]
  • 原辰彦・西村直樹・岡元太郎・八木勇治・竹中博士, 2011. 2.5 次元差分法を用いた震源過程解析の数値実験, 日本地球惑星科学連合2011年大会、SSS025-P07、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)、2011年5月27日.[ポスター発表(原)][アブストラクト]
  • 杉岡裕子・岡元太郎・中村武史・石原 靖・伊藤亜妃・尾鼻浩一郎・木下正高・深尾良夫, 2011. 南海トラフデコルマ面で発生した超低周波地震, 日本地球惑星科学連合2011年大会, SCG058-13, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2011年5月22日.[口頭発表(深尾)][アブストラクト]
  • 藏本稔大・竹中博士・中村武史・岡元太郎・豊国源知, 2011. 自己重力効果のカウリング近似を用いた地震波動としての津波の差分法モデリング, 日本地球惑星科学連合2011年大会、HDS026-P02、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)、2011年5月22日.[ポスター発表(藏本)][アブストラクト]
  • 竹中博士・村越匠・岡元太郎, 2011. 海底地震観測のためのレシーバー関数, 日本地球惑星科学連合2011年大会, SCG059-09, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2011年5月26日.[口頭発表(竹中)][アブストラクト]
  • 小林直樹・白石浩章・竹内希・村上英記・岡元太郎・久家慶子・趙 大鵬・小川和律・飯島祐一・鹿熊英昭・田中 智・山田竜平・川村太一・石原 靖・荒木英一郎・早川雅彦・白井 慶・藤村彰夫・山田功夫・Philippe Lognonne・David Mimoun・Domenico Giardini・Antoine Mocquet・Ulrich Christensen・Peter Zweife・Davor Mance・Jan ten Pierick・Raphael Garcia・Jeannine Gagnepain-Beyneix・Sebastien de Raucourt, 2011. SELENE-2における月広帯域地震観測:新しい月科学に向けて, 日本地球惑星科学連合2011年大会、PPS024-27, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2011年5月23日.[口頭発表(小林)][アブストラクト]

2010

論文・報告等

  • Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, Takeshi Nakamura, and Takayuki Aoki, 2010. Accelerating large-scale simulation of seismic wave propagation by multi-GPUs and three-dimensional domain decomposition, Earth Planets and Space, 62, 939–942, doi:10.5047/eps.2010.11.009. [論文PDF]

学会・研究会発表

  • Okamoto, T., H. Takenaka, T. Nakamura, and T. Aoki, 2010. Accelerating simulation of seismic wave propagation by multi GPUs and 3D decomposition, International Symposium: GPU Solutions to Multiscale Problems in Science and Engineering, ハルビン(中国), 2010年7月27日.[招待講演]
  • Okamoto, T., H. Takenaka, T. Nakamura, and T. Aoki, 2010. Accelerating simulation of seismic wave propagation by multi–GPUs, American Geophysical Union 2010 Fall Meeting, IN44A–03, San Francisco, USA, 2010年12月16日.[招待講演][アブストラクト]
  • Okamoto, T., Nakamura, T., Sugioka, H., Ishihara, Y., Ito, A., Obana, K., Kodaira, S., Suetsugu, D., Kinoshita, M., Fukao, Y., 2010. Moment Tensor Inversion of The Very Low Frequency (VLF) Earthquakes Off The Kii Peninsula, Japan, Recorded by Broadband Ocean Bottom Seismometers, American Geophysical Union 2010 Fall Meeting, S23A-2105, San Francisco, USA, 2010年12月14日.[ポスター発表][アブストラクト]
  • Obana, K., Ito, A., Sugioka, H., Ishihara, Y., Nakamura, T., Suetsugu, D., Kodaira, S., Kinoshita, M., Araki, E., Kaneda, Y., Fukao, Y., Okamoto, T., 2010. Shallow Very-Low-Frequency Earthquakes off the Kii Peninsula Observed by Broadband Ocean Bottom Seismographs, American Geophysical Union 2010 Fall Meeting, S23A-2103, San Francisco, USA, 2010年12月14日.[ポスター発表(Obana)][アブストラクト]
  • Sugioka, H., Ito, A., Okamoto, T., Nakamura, T., Ishihara, Y., Obana, K., Fukao, Y., Araki, E., Kodaira, S., Suetsugu, D., Kinoshita, M., 2010. Detection of near-source ground motions associated with VLF (very low frequency) earthquakes beneath the forearc slope of the Nankai trough by broadband ocean bottom seismometers, American Geophysical Union 2010 Fall Meeting, S23A-2104, San Francisco, USA, 2010年12月14日.[ポスター発表(Sugi)][アブストラクト]
  • Shiraishi, H., Kobayashi, N., Takeuchi, N., Murakami, H., Lognonne, P. H., Giardini, D., Christensen, U. R., Okamoto, T., Kuge, K., Zhao, D., Mocquet, A., Mimoun, D., De Raucourt, S., Nibut, T., Tillier, S., Kawamura, T., Mance, D., Zweifel, P., Bierwirth, M., Roll, R., Ishihara, Y., Araki, E., Ogawa, K., Yamada, R., Shirai, K., Iijima, Y., Hayakawa, M., Tanaka, S., Kakuma, H., Yamada, I., 2010. Lunar Broadband Seismometer System in the Japanese lunar landing mission SELENE-2: its science goals and instrument details, American Geophysical Union 2010 Fall Meeting, U51B-0039, San Francisco, USA, 2010年12月13日-17日.[ポスター発表(Shiraishi)][アブストラクト]
  • Takenaka, H., Okamoto, T., Murakoshi, T., Nakamura, T., 2010. FDM Modeling of Teleseismic Receiver Functions for a 3D Trench-Trench Junction Structure, Eos Trans. AGU, 91 (26), West. Pac. Geophys. Meet. Suppl., Abstract S33B-055, Taipei, Taiwan, 2010年6月22日-25日.
  • 竹中博士・中村武史・岡元太郎・金田義行, 2010. 陸上地形・海底地形を考慮した3次元差分法による長周期地震動シミュレーション, 第13回日本地震工学シンポジウム, つくば国際会議場, 茨城県つくば市, 2010年11月18日-20日.
  • 岡元太郎・竹中博士・中村武史・青木尊之, GPUを用いた地震波伝播シミュレーション(3):地形・流体層と非弾性減衰の導入, 地震学会2010年秋季大会, D32-08, 広島県広島市, 2010年10月29日.[口頭発表]
  • 竹中博士・岡元太郎・村越 匠・中村武史, 2010. 海溝会合部におけるレシーバー関数の3次元シミュレーション:海底アレーの場合, 日本地球惑星科学連合2010年大会, SSS015-11, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2010年5月28日.[口頭発表(竹中)][アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士・中村武史, 2010. GPUによる地震波伝播シミュレーション, 先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2010)論文集, 141–142.(奈良県奈良市, 2010年5月27日)[口頭・ポスター発表]
  • 岡元太郎・竹中博士・中村武史, Multi-GPUによる地震波伝播計算の高速化, 日本地球惑星科学連合2010年大会, SSS018-04, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2010年5月25日.[口頭発表][アブストラクト]
  • 中村武史・竹中博士・岡元太郎・金田義行, 2010. 液体を含んだ媒質に対する3次元差分法による地震波動場計算, 日本地球惑星科学連合2010年大会, SSS018-P04, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2010年5月25日.[ポスター発表(中村)][アブストラクト]
  • 小林直樹・村上英記・白石浩章・竹内 希・岡元太郎・久家慶子・趙 大鵬・鹿熊英昭・田中 智・早川雅彦・小川和律・飯島祐一・白井 慶・藤村彰夫・川村太一・石原 靖・荒木英一郎・山田 功・蓬田 清・谷本俊郎・Philippe Lognonne・David Mimoun・山田竜平・Domenico Giardini・Ulrich Christensen・Antoine Mocquet, SELENE-2月広帯域地震計の進捗, 日本地球惑星科学連合2010年大会, PPS003-P29, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2010年5月24日.[ポスター発表(小林)][アブストラクト]

2009

論文・報告等

  • Taro Okamoto and Hiroshi Takenaka, 2009a. Effect of near-source trench structure on teleseismic body waveforms: an application of a 2.5D FDM to the Java trench, in Advances in Geosciences, Vol.13 (Solid Earth), ed. Kenji Satake, p.215–p.229, doi: 10.1142/9789812836182_0015, World Scientific Pubishing Co., Singapore. [論文アブストラクト] [書籍の案内]
  • Taro Okamoto and Hiroshi Takenaka, 2009b. Waveform inversion for slip distribution of the 2006 Java tsunami earthquake by using 2.5D finite-difference Green’s function, Earth Planets and Space, 61, e17–e20. [論文PDF]
  • 岡元太郎, 2009. 震源を探る―地震の震源解析について―, 玉川大学工学部紀要, 44, 23-34. file岡元2009.pdf
  • Takenaka, H., Nakamura, T., Okamoto, T., and Kaneda, Y., 2009. A unified approach implementing land and ocean-bottom topographies in the staggered-grid finite-difference method for seismic wave modeling. Proceedings of the 9th SEGJ International Symposium, Sapporo, Japan, 12-14 October 2009: pp. 1-4, ISBN: 978-4-938493-06-6, doi:10.1190/segj092009-001.13.(2009年10月14日)[論文アブストラクト]

学会・研究会発表

  • Takenaka, H., Okamoto, T., Nakamura, T., 2009. Novel FDTD Approach for Seismic Response of Three-dimensionally Heterogeneous Model to an Oblique Plane-wave Incidence, Eos Trans. AGU, 90 (52), Fall Meet. Suppl., Abstract S43A-1956, San Francisco, USA, 2009年12月14日-18日.[アブストラクト]
  • Nakamura, T., Takenaka, H., Okamoto, T., Kaneda, Y., 2009. Finite-difference Simulation of Strong Motion From a Sub-oceanic Earthquake: Modeling Effects of Land and Ocean-bottom Topographies, Eos Trans. AGU, 90 (52), Fall Meet. Suppl., Abstract S43B-1981, San Francisco, USA, 2009年12月14日-18日.[アブストラクト]
  • 岡元太郎・竹中博士, GPGPUを用いた地震波伝播計算の試み, 地震学会2009年秋季大会, P3-22, 広島県広島市, 2009年10月23日.[ポスター発表]
  • 白石浩章・山田竜平・山田功夫・田中 智・藤村彰夫・鹿熊英昭・小林直樹・竹内 希・岡元太郎・村上英記, 月探査用短周期地震計の広帯域化と惑星探査計画への適用, 日本地球惑星科学連合2009年大会, S150-005, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2009年5月17日.[口頭発表(白石)][アブストラクト]
  • 小林直樹・竹内 希・岡元太郎・村上英記・白石浩章・田中 智・山田竜平, SELENE2で目指す広帯域月震探査, 日本地球惑星科学連合2009年大会, P144-P029, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市), 2009年5月16日.[ポスター発表(小林)][アブストラクト]

2008年以前の論文(オープンアクセスのものなど)

  • Satoshi Kaneshima, Taro Okamoto, Hiroshi Takenaka, 2007. Evidence for a metastable olivine wedge inside the subducted Mariana slab, Earth and Planetary Science Letters, 258, Issues 1–2, 15 June 2007, 219–227. [アブストラクト]
  • Yuji Suzuki, Jun Kawahara, Taro Okamoto, Kaoru Miyashita, 2006. Simulations of SH wave scattering due to cracks by the 2-D finite difference method, Earth Planets and Space, May 2006, 58, No.5, 555-567. [論文PDF]
  • 岡元太郎・竹中博士, 2005. 速度・応力型差分法での固体・流体境界の扱いについて, 地震, 第2輯, 57, 355-364. [論文PDF] (English Abstract)
  • Taro Okamoto, 2002. Full waveform moment tensor inversion by reciprocal finite difference Green’s function, Earth Planets and Space, June 2002, 54, No.6, 715-720. [論文PDF]
  • Hiroko Sugioka, Yoshio Fukao, Taro Okamoto, Kenji Kanjo, 2000. Detection of shallowest submarine seismicity by acoustic coupled shear waves, Journal of Geophysical Research: Solid Earth, 106, B7, 10 July 2001, 13485–13499, doi: 10.1029/2000JB900476. [論文PDF]

Last-modified: 2016-11-22 (火) 18:32:49 (1118d)