第302回

日時 平成19年1月25日 金曜日 午後5時より
場所 東京工業大学 石川台6号館 404号室 
<講師> 高藪 緑 先生 (東京大学気候システム研究センター)
<題名> 「宇宙から降雨特性を観る」

ひと言に「雨」と言っても、雨には、降り方にも、さらにその雨をもたらす大気現象や降雨システムにも様々な種類があります。1997年11月に打ち上げられた熱帯降雨観測衛星(TRMM)は、降雨レーダー(PR)による宇宙からの3次元降雨観測を初めて可能にすると共に、降雨に関する4つの測器での同時観測を10年以上継続して行っています。本講演では、降雨タイプ、降雨発雷比、降雨に伴う潜熱分布など、TRMMデータの解析から得られた地球規模の降雨特性に関する新しい知見を紹介し、それが気候研究にどのような意味を持つかについてお話します。


Last-modified: 2008-01-23 (水) 10:32:22 (5017d)