第407回

日時 平成29年11月15日 水曜日 17時より
場所 東京工業大学 石川台2号館 318号室 
<講師> 鎌田 浩毅 先生(京都大学 人間・環境学研究科)
<題名> 火山の形成、噴火メカニズムと予測の現状  -火山学者のキャリアパスと社会貢献-

 地球科学の中で火山学はダイナミックでビジュアルな現象を扱う分野である。現代火山学の成立と達成に関して、火山の形成と噴火メカニズムを概説し、防災科学としての予測の現状を解説する。東日本大震災以来「大地変動の時代」に突入した日本列島で火山学の知識は必須とも言えよう(拙著『日本の地下で何が起きているのか』岩波科学ライブラリーを参照)。こうした意味で、時間が許せば火山学者のキャリアパスと社会貢献について私の経験と将来展望を述べる。


Last-modified: 2017-11-11 (土) 09:09:44 (704d)