大学院入試

ホーム > 大学院入試

地球惑星科学専攻の大学院入学試験

本専攻大学院には本学科のみならず、他大学からも多くの学生が進学しています。
本専攻は地球惑星科学科出身者だけでなく、大学院から新たに地球惑星科学を研究したいという意欲的な人を大いに歓迎します。
これらのことを考え、本専攻の入試問題(専門科目)は数学・物理・化学・地球科学から選択することになっており、物理学科や化学科などに所属していた人でも十分に解答できる内容です。
つまり、単なる知識というよりは、地球惑星科学の研究を進めていく上で必要となる基本が出来ているかどうかを問う入試です。
進学後も、個々人のそれまでのバックグラウンドを考慮した研究指導を行います。

地球惑星科学専攻の研究教育

大学院指導教官

地球惑星科学専攻ではあわせて16人の教授・准教授が大学院生の指導にあたっています。
地球惑星科学の研究分野・研究手法は多岐に渡り、従来の区分に従って分類すれば、これらの教官は物質系・惑星系・地球物理系あるいは理論系・実験観測系・野外調査系と分けることができます。
しかし、本専攻スタッフは従来の垣根を取り払って新しい研究分野を開拓する意識を共有しており、大学院生が従来の区分にこだわらない萌芽的・挑戦的な研究を遂行することを奨励しています。

それぞれの教官の詳しい研究内容については該当するページをご覧ください。

物質系

地質学的・実験的手法から、地球内部ダイナミクスやそれが引き起こした地球史における大変動を研究しています。
また、物理化学を駆使した地球内部での物質状態の把握、さらには実用的な側面も意識した地球表層環境の研究も行っています。

惑星系

惑星系形成の理論的研究および元素の同位体分析から、原始太陽系円盤の状況を再現する研究が行われています。
また同位体分析技法の開発や新しい応用の可能性も模索されています。

地球物理系

物理学的な観測・実験・理論に則って、地球内部構造、地球磁場生成機構、太陽地球系の物理の研究が行われています。
また、惑星間空間や月・惑星の物理学的探査も進めています。

本学の火山流体センターの教官が、火山噴火メカニズムの解明や噴火予測を主テーマにして、本専攻大学院生の指導にあたっています。

さらに本専攻にはJAXA宇宙科学本部に所属し主に観測的手段で宇宙・惑星科学の研究を進めている教員が連携・準連携併任という形で参加しています。

大学院のカリキュラム

修士課程においては、修士論文に向けた研究に取り組むのはもちろんのこと、幅広い分野に渡る講義を選択・履修して、複眼的な視野を持つことが要求されます。
講義では、地球・惑星・宇宙という複雑な対象を理解するために必要な考え方や知識を提供します。
そのような講義や研究室セミナー等を通して地球惑星科学的素養を深めつつ、各自が研究を進めて修士論文を完成させます。
本専攻は、院生が卒業後に研究活動・教育活動・社会活動で地球惑星科学的考え方・知識を大いに活かせることを目標にしています。
開講されている講義とその詳しい内容については、大学院科目講義一覧・シラバスのページをご覧下さい。

修士論文

これから大学院進学することを考えているみなさんは、修士課程の間にどれぐらいのことが出来るのだろうかと思っていることでしょう。
本専攻の修士論文のレベルはかなり高く、少なからぬ数の修士院生が国際学会で発表します。
このように、本専攻では地球惑星科学の進歩に寄与する研究が修士課程で行なわれています。
しかしながら、本専攻の敷居が高いと思う必要はありません。
みなさんが、基本をしっかり修めつつ高い研究意欲を持ち、本専攻スタッフの熱心な指導を参考にして努力すれば、だれにでもできることと考えています。

学生による地惑セミナー

自分の研究にどっぷりとつかるのは当然ですが、決して視野が狭くなったり、あるいは、孤独になったりしないようにさまざまな仕掛けがこの専攻にはあります。
たとえば、学生室は研究室ごとではなく、専攻全体でいくつかの部屋に分かれています。
また、本専攻には「地惑セミナー」という外部から講師を招いてセミナーをしてもらう企画があります。
この運営は大学院生の有志によって行われており、自分が話を聞きたいと思っている外部の先生を招待することができ、また、隣の他研究室院生が面白いと思っている話も聞けるというシステムです。

大学院生の生活

専攻全体で運営する学生室

大学院生は学生室に自分専用の机を持つことになり、その学生室には様々な研究室の卒研生(学部4年生)・大学院生が配置されます。
つまり、年齢差や研究分野を越えた仲間と日常的に交流することになります。
本専攻スタッフは分野間の壁を越えて積極的に交流しているので、このよう状況が極めて自然になっており、大学院生が分野横断的・萌芽的な研究を目指すための基本的な環境と考えています。

大学院生の典型的生活

典型的な院生の生活を描写してみましょう:修士1年の間は講義に出席しながら、自分自身の研究テーマの背景を理解し、オリジナルな研究の着手に向けて準備をします。
何もわからない状態のままセミナーに臨み、研究室の先輩にサンドバッグにされていた状態から、どうにか霧が晴れ始めるのが夏から秋ごろ。
学会や研究会での初めて発表し、年末から年始にかけて進路について真剣に考えます。
修士2年は研究に重点をおいた過ごし方をし、ある人は海外での学会発表(もちろん英語)も経験し、ある人は経済的サポートを得るための申請書を提出してその熾烈な競争を思い知り、ある人は幾晩かの徹夜の準備をして、修士論文発表会の舞台に上がります。
こうして、地球惑星科学を専攻しただけの人材となって、自らが選択したその後の進路を歩んでいきます。

博士課程への進学

博士課程には修士修了者の1/2〜1/3 が進学します。
修士2年の段階ですでにかなりの自立性が要求されますが、博士課程進学後の生活は、この部分がより強まると考えれば理解しやすいと思います。
平たく言えば、自分の好きな研究にどっぷりつかる、ということです。

ページのTOPへ